プロフィール

ご訪問ありがとうございます。

株式投資歴13年、ブログ管理人のフクジイです。

私が初めて株取引したのは25歳のときでした。

当時私はサラリーマンで、遊ぶ暇も無いほど無我夢中で仕事をしていましたので、お金を浪費する機会もなく貯金だけは増えていました。

すでに株に興味がありましたので、貯金したままにしておくのが勿体無いと思って、勤務先の近くにあった野村証券に資料をもらいに行ったことを今でも覚えています。

そのまま野村証券で株取引口座を開設して、銀行の預金口座から100万円をおろして株取引を開始しました。

株式投資の専門用語の意味もわからない初心者スタートでしたが、はじめて買った株で運良く儲けることができました。

とりあえずCMをバンバン流している会社の株を買いましたが、当時の日経平均は右肩上がりでしたので、なんとなくカンで銘柄を選んでも利益を上げることができたと思います。

もちろん儲かっただけでなく損もしましたが何度か株取引を行い、株デビューの1年間の損益は数十万のプラスでした。

当時の投資スタイルを思い出すと、なんとなく勘で銘柄を選んでいたので完全に運が良かっただけです。

ちなみに野村証券の他に、取引にかかる手数料が安いネット証券も利用していました。

イー・トレード証券(現SBI証券)の方が圧倒的に手数料が安かったので、野村証券の口座を解約してネット証券だけで取引するようになりました。

その後、ハイリターンを夢見て仕手株とか低位株・ボロ株などにも手を出して損をしたり、2006年に起こったライブドア・ショックで大きな損失を抱えることになります。

まだ損切りの重要性を理解しておらず、含み損を抱えても、買った株価より上がらなければ売らない投資スタイルを貫いた結果、いくら待っても株価は上がることなく、はじめての塩漬けを経験しました。

「そろそろ株価が反発するかな?」と思いきや、株価はずるずる下がり続けて長期保有することになり、数年が経っても買った株価の半分以下でしたので、あきらめて売却しました。

給料3ヶ月分のお金をドブに捨てたようなもので、精神的にかなりのショックでした。

そして2008年のリーマン・ショックでも大きな損失を抱えます。

まさかライブドア・ショック以上の暴落があるとは思ってもいませんでした。

2度の大きな失敗を経験して、以前にも増して真剣に株式投資の勉強に取り組みます。

株の本を集めて知識を身につけ、会社の業績をみるファンダメンタル分析と株価チャートをみるテクニカル分析の両方を重視する投資スタイルで株取引するようになります。

知識があれば株価の動きを予想することができますので、以前と違って運に頼ることもなくなりました。

もちろん株価の動きを100%予想することは不可能ですが、思い通りにならなかった時の対処法がありますので、安心して株取引できます。

だんだん予想通りに株価が動くことが多くなり、利益を出せるようになりました。

一時期、超短期のデイトレードも経験したことがありますが、1日中パソコンの画面をみて株価をずっと監視しなければいけませんから、嫌になってデイトレードはすぐにやめました。

私の投資スタイルは1週間のスイングトレードや1~3ヶ月の中期投資が中心です。

一応、毎日株価はチェックしますが、ずっと監視するわけではなく1日数回チェックするだけですから余裕があります。

2011年、東日本大震災で日本の株式市場が暴落しましたが、過去にライブドア・ショックとリーマン・ショックで失敗したおかげで損失を出すことなく切り抜けることができました。

やはり何事も失敗から学ぶことが多いです。

その後、株取引による利益も順調に安定して、NISAで長期投資に挑戦したときは株価約2倍で利確して損益+100%を達成しました!
⇒ NISAの実績

株価が10倍になる銘柄を探すのはかなり難しいと思いますが、2倍になる銘柄を探すのはそれほど難しくありません。

当サイトは私の13年の株式投資の経験と知識をいかし、初心者の方に向けて株式投資の基本を解説しています。

全く知識がない状態で株で儲けるのは難しいと思いますので、私がまとめた情報が少しでも、あなたのお役に立てれば幸いです。

フクジイの投資法をまとめた記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする