株とは?初心者にわかりやすく株取引のしくみを解説

株とは

株の基本知識を初心者にわかりやすく解説します。

株取引のしくみや株主のメリット・デメリット、株価の決まり方、株で儲ける2つの方法など、まとめました。

株とは?

株とは、株式会社が運営資金を集めるために発行しているものです。

企業の運営資金のほとんどは、株の発行と銀行からの借入で成り立っています。

株を買うことは、その株式会社の運営資金を提供していることになり、出資者として会社のオーナーの一人になることができます。

私たち個人は自分で企業を選び、その企業が発行する株を証券会社を通して直接お金を出して買い、株主(かぶぬし)になることができるのです。

たとえ購入した株の数が少数でも、企業のオーナーの一人として経営に参加できます。

株を発行する企業のメリットは事業資金を集めることですが、株主のメリットは株主優待や配当金を受け取れたり、株価上昇で売却益を得られること、株主総会に出席して経営に参加できる等、様々な権利を持つことができます。

株主のメリット~会社が利益の一部を還元

株主のメリット

■ 企業が利益を上げれば、その利益の一部を株主に分配する「配当金」という形で受け取れる。

■ 株を購入して株価が上がれば、その株を売却して利益を得られる。

■ 株式会社の最高意思決定機関である「株主総会」に議決権を持って出席することができる。

■ 企業の製品や商品券など「株主優待」がもらえる。

他にも会社が解散する際に、株主は保有する株数に応じて残った財産の分配を受け取ることができる等、色々なメリットを得ることができます。

株主のデメリット

株主のデメリットは、すなわち「株を買うリスク」について説明しなければなりません。

株を買うリスクとは、株価の下落によって損失をこうむる場合があることを意味します。

株主のデメリット~株価が下がるリスク

例えば…

1株1000円の株を100株購入した場合、

1000円×100株=100,000円

合計10万円で株を購入したことになります。

ところが

1株1000円だった株が1株700円に株価が下落してしまった場合、

700円×100株=70,000円

10万円で購入した株が7万円の価値に下がることを意味します。

つまり、

10万円-7万円=3万円の損失をこうむったことになるのです。

また株価が下がること以外に、企業の業績が悪化すれば配当金がなくなることもあります。

このように株主のデメリットとして「株価が下がるリスク」がありますので、株を購入する前にじゅうぶん考えてから株取引を行わなければなりません。

株主のメリットとして色々な恩恵を受けることができますが、株を購入する前にその企業の業績を予想するなどして、株価が上がるメリットだけでなく株価が下がるデメリットも含めて、あらかじめ考える必要があります。

当サイトでは、株で失敗するリスクを軽減するために、企業の業績をどのように分析するか、株式投資の基本知識や儲かる株の選び方などを初心者の方に向けて解説します。

株初心者が儲けるための銘柄の選び方は?「どんな基準で銘柄を選べばよいか?」会社の選定基準を解説します。色々な株式投資の方法がありますが、株を買う前に「失敗したらどうしよう」と不安に感じる初心者の方は参考にしてください。

株取引のしくみ

株は証券会社を利用して、目的の企業の株を購入することができます。

株は企業が発行するものですが、目的の企業から直接買うことはできません。

一定の基準を満たして金融庁に登録された注文取次会社、いわゆる証券会社を仲介して、証券取引所(株式市場)で株式売買が行われます。

主な証券会社

  • 大手証券会社
    • 野村証券
    • 大和証券
    • SMBC日興証券
    • みずほ証券
    • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
  • ネット証券会社
    • SBI証券
    • 楽天証券
    • GMOクリック証券
    • カブドットコム証券
    • 松井証券
    • マネックス証券
    • 岡三オンライン証券
証券会社によって株取引にかかる手数料がバラバラです。
大手証券会社よりネット証券会社の方が手数料が安い傾向があります。

証券会社を利用すれば、パソコンやスマートフォンで簡単に株取引することができます。

スマホやPCで簡単に株取引できる

証券会社の選び方についてはこちらを参考にしてください。

株取引をしたことがない初心者に向けて株取引を始める方法を解説しています。株式売買を始めるために、はじめに証券会社を選んで口座をつくる必要がありますので、 証券会社の選び方を参考にスタートしてみましょう。

株の売買が行われる場所

日本の証券取引所は国内各地にありますが、企業がその証券取引所で自社の株を売買するためには、各証券取引所の基準をクリアしなければなりません。

「上場する」とは、証券取引所の基準をクリアして、株取引が許可されることを意味します。

そして一定の基準をクリアした上場会社は、世間に認められ信頼されることで多くの人に株式を買ってもらえるようになり、事業資金を調達しやすくなるメリットがあるのです。

東京証券取引所(東証)は有名な証券取引所ですが、東証の上場企業は第一部と第二部のセクションに分類され、一部上場の方が審査の基準が厳しいため、第二部に上場してから第一部上場をめざすことが一般的となっています。

日本国内の証券取引所の種類

■東京証券取引所

株式市場 ベンチャー企業(新興企業)向けの市場

東京証券取引所
(東証)

第一部

第二部

マザーズ

ジャスダック

取引時間

前場9:00~11:30

後場12:30~15:00

■名古屋証券取引所

株式市場 ベンチャー企業(新興企業)向けの市場

名古屋証券取引所
(名証)

第一部

第二部

セントレックス

取引時間

前場9:00~11:30

後場12:30~15:30

■福岡証券取引所

株式市場 ベンチャー企業(新興企業)向けの市場

福岡証券取引所
(福証)

Q-Board

取引時間

前場9:00~11:30

後場12:30~15:30

■札幌証券取引所

株式市場 ベンチャー企業(新興企業)向けの市場

札幌証券取引所
(札証)

アンビシャス

取引時間

前場9:00~11:30

後場12:30~15:30

株価の決まり方

株の価格を株価といいますが、株を買いたい人と株を売りたい人がいて、買う人と売る人の売買価格が同じになれば株取引が成立します。

つまり株を買いたいと思っていても、株を売りたい人がいなければ株の売買は成立しませんし、株を買う人が提示する買値と、株を売る人が提示する売値が一致しなければ、株の売買は成立しません。

株の売買で証券会社に注文して株取引が成立することを証券用語で約定(やくじょう)といいます。

【株式売買のイメージ】

株式売買のしくみ

この場合は…

↓  ↓  ↓

株式売買の約定のしくみ

人気株の株価が上がる理由

例えば、ある企業の商品がブームになって人気が集まり、その企業の株価があがることはよくあることです。

この現象はどのように起きているのでしょうか?

企業の商品がテレビや雑誌で「今、人気があって売れている」と紹介されると、その情報をみた多くの人が「商品が人気になっているから儲かっているはずだ」と思って、その企業の株を購入する人が増えます。

すると株を買いたい人が株を売りたい人より圧倒的に多くなります。

株を買いたい人は「高い株価でも手に入れたい」という心理になり、その心理状況が株価上昇に反映されているのです。

言わばオークション(競売)で値段が上がる現象と似ていますので、yahooオークションを利用したことがある人なら、すぐにわかると思います。

基本的に株を買う人は「少しでも安く株を買いたい」と思っていて、売る人は「少しでも高く売りたい」と思っています。

買う人が多くて売る人が少ない人気株なら「多少高くても買うしかない」と買い手の心理が働き、人気株の株価が上昇する原因になるのです。

人間には感情がありますので、買い手と売り手の心理が株価に大きな影響を与えます。

株価がどのように決まるかは、言わば人気投票の結果といえるでしょう。

株取引は平日に毎日行われ、株は売り手と買い手が提示する値段が一致すれば売買が成立し、約定する度に株価が変わります

そのため秒単位で株価が変わることもあれば、売買が成立せず1日中株価が変わらないこともあります。

株で儲けるには?

株で儲ける方法はいくつかありますが、その中で2つの方法を紹介します。

ひとつは買った株を売却して利益を得る方法、そして二つ目が配当金で儲ける方法です。

売却益を得る方法は買った株の株価が上がり、買値より高い値段で売却して儲ける方法をいいます。

例えば1株1000円の株を50株購入すると、

1000円×50株=50,000円

5万円で購入したことになりますが、

株価が1200円に上がり売却した場合、

1200円×50株=60,000円

5万円で買った株を6万円で売却したので、1万円の利益を得たことになります。

このように購入した株式を売却して利益を得ることは、株で儲ける基本の方法です。

そして株で儲ける方法の二つ目「配当金で儲ける方法」ですが、株主のメリットのところで説明したように、配当金とは会社が利益を出した時にその利益の一部を株主に分配するお金のことですね。

配当金は株主への利益還元ですから会社の利益の大きさと関係して、業績が悪化してしまうと配当金が少なくなったり、なくなることがあります。

配当金としてどれ位もらえるか、配当利回りで計算することが可能です。

配当利回りは大体2%以上で高配当と言われていますが、中には5%以上の配当利回りの企業もあります。

配当利回りの数字がどれくらいの金額をあらわすか、銀行の預金利息をイメージしてもらえるとわかりやすいかもしれません。

配当金の詳細についてはこちらのページを参考にしてください。

配当金や配当利回り、配当性向の意味、権利確定日について解説します。 いつ株を買えば配当金をもらえるか、知らない方は参考にしてください。四季報の情報から配当がいくらもらえるか計算できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする