自己資本比率とは?企業の安全性の目安は?

自己資本比率とは?

自己資本比率とは?その意味と企業の安全性の目安について解説します。

四季報に記載されている項目ですので、株初心者の方はまず自己資本比率の意味を理解しましょう。

自己資本比率とは?

自己資本比率とは、総資産に対する自己資本の割合をあらわしたものです。

自己資本比率(%)=自己資本÷総資産×100

この数字が低いということは、自己資本の割合が小さいことになります。

自己資本比率は投資家にとって企業の安全性をはかる目安になる数字ですが、自己資本比率が低い場合は企業の安全性を疑問視しなければいけません。

企業の安全性とは、別の言葉でいえば「財務の健全性」です。

自己資本比率の目安は?

では自己資本比率が何パーセントあれば安全なのか、自己資本比率の目安ついては企業のビジネスモデルによって異なりますし、色々な考え方がありますので基準の数値は人それぞれ違うと思いますが、一般的に自己資本比率は40%以上を目安にされています。

自己資本比率が高ければ会社の資金に余裕があることになりますので、安定的に資金を運用したい投資家は自己資本比率の高さを重視するでしょう。

自己資本比率が高いと安全な理由

なぜ自己資本比率が高いと安全なのでしょうか?

その理由を理解するために、まずは自己資本比率を賃借対照表でみた方がわかりやすいと思いますので賃借対照表を使って解説します。

賃借対照表は「財務諸表(決算書)の見方」で解説していますので、知らない人は参考にしてください。

今回もラーメン屋を経営した場合をシミュレーションして解説します。

ラーメン屋を開業するときに、開業資金を自分で600万円用意して(自己資本)、不足分を銀行から400万円借金して(負債)、合計1,000万円(資産)を開業資金にしてお店をオープンした場合を想定します。

  • 資産(開業資金)…1,000万円
  • 負債(銀行から借金)…400万円
  • 自己資本(純資産)…600万円

このお金の流れを貸借対照表であらわします。

資産

現金1,000万円
(開業資金)

負債

銀行から借金400万円

自己資本

純資産600万円

合計 1,000万円 合計 1,000万円

自己資本比率(%)=自己資本÷総資産×100

ラーメン屋の自己資本比率を計算
600万円(自己資本)÷1,000万円(総資産)×100
=60%(自己資本比率)

ラーメン屋の自己資本比率は60%で、40%以上の目安はクリアしていますので今のところ安全ですね。

その後1年が経過して…

1年後のラーメン屋は、経営が順調で600万円の純利益を上げることができました。

  • 利益剰余金(純利益)…600万円

このお金の流れを貸借対照表であらわします。

資産

現金1600万円

 

負債

銀行から借金400万円

自己資本

純資産600万円
利益剰余金600万円

合計 1,600万円 合計 1,600万円

ラーメン屋が開業したときの賃借対照表と比べて、自己資本に600万円の純利益が利益剰余金として加わり、その分の現金が増えています。

ラーメン屋の自己資本比率を計算
1,200万円(自己資本)÷1,600万円(総資産)×100
=75%(自己資本比率)

開業したときの自己資本比率は60%でしたが、1年後に75%に変化しました。

このように賃借対照表で比べると、お金の流れが見た目でわかります。

業績が好調なら利益剰余金が増えて自己資本比率が高くなるしくみも理解できますね。

また、借金を返済すれば負債が減りますので、利益剰余金が増えたり、借金を返済すれば自己資本比率は高くなります。

自己資本比率が高いと会社の資金に余裕があることになりますので、事業を続けることができる会社として安全性が高いと判断できる理由もわかると思います。

自己資本比率が低いと危険な理由

なぜ自己資本比率が低いと危険なのでしょうか?

今度は自己資本比率が低い場合を賃借対照表を使って解説します。

例えばラーメン屋を開業するときに、開業資金として100万円を自分で用意して(自己資本)、不足分を銀行から900万円借金して(負債)、合計1,000万円(資産)を開業資金にしてお店をオープンした場合を想定します。

  • 資産(開業資金)…1,000万円
  • 負債(銀行から借金)…900万円
  • 自己資本(純資産)…100万円

このお金の流れを貸借対照表であらわします。

資産

現金1,000万円
(開業資金)

負債

銀行から借金900万円

自己資本

純資産100万円

合計 1,000万円 合計 1,000万円

前の貸借対照表と比べて借金(負債)の割合が大きく、自己資本の割合が小さいことがわかると思います。

ラーメン屋の自己資本比率を計算
100万円(自己資本)÷1,000万円(総資産)×100
=10%(自己資本比率)

かなり極端な例ですがラーメン屋の自己資本比率は10%ですので目安の40%を下回り、会社の安全性は低いことになります。

事業に必要な資金が足りない場合は銀行から借金することになりますので、借金(負債)が増えると自己資本比率が低くなります。

また、銀行からの借金が増えると利息の支払いが多くなりますので、さらに経営を圧迫するイメージが浮かんでしまいます。

もしかしたら業績不振に陥って不足分を銀行から借り、これ以上失敗できない状態に追い込まれているかもしれません。

金利を支払う負債を有利子負債といいますが、有利子負債が会社の売上高以上の場合は注意が必要です。

このように負債の割合が大きいと自己資本比率が小さくなり、事業を続けられるかどうか会社の安全性は低く、危険度が高いと判断することができます。

自己資本比率が低くても良い場合がある

これまでの説明で「借金(負債)が多い=自己資本比率が低い」ということで借金が多いと危険に感じるかもしれませんが、実は会社経営において借金することはけして悪いことではありません。

なぜなら会社を成長させるために不足分を銀行から借り入れ、積極的に投資して大きく業績を伸ばす企業もあるからです。

また、事業の特性によって自己資本比率が低い業種もありますので、自己資本比率が低いから危険な会社と安易にきめつけることはできません。

自己資本比率が高い場合、業績が好調で財務体質も良ければとくに問題ありませんが、たとえ自己資本比率が90%を超えるくらい高くても、会社の将来に向けて投資しないで単に利益を保持するだけなら、今後の成長力は期待できないでしょう。

つまり企業ごとに自己資本比率が高い理由・低い理由を分析して安全か判断するべきなのです。

株初心者の方は会社の安全性を判断するのが難しい場合、四季報をみて自己資本比率40%以上を目安に、極端に自己資本比率が低い会社の株は買わないことをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする